本校の特色
 北海道恵庭南高等学校定時制課程は、1961年から続く伝統校です。現在では、恵庭市内をはじめ、近隣の千歳市や北広島市の生徒が通学しています。普通科40名1クラスの学生を募集しており、少人数で落ち着いた雰囲気の中で教育活動が行われています。
 働きながら学びたい生徒だけでなく、中学校時代に学校から足が遠のいてしまった経験を持つ生徒も元気に通っています。高校で再スタートをきりたいと考えている人には、最適な教育環境です。
 1日6時間授業の全日制課程に対して、定時制課程は1日4時間の授業となります。また、3年間で修学する全日制課程に対して、定時制課程は4年間で修学することとなります(本校定時制課程では3年間で修学する「三修制」は採用しておりません)。なお、指定の制服はありませんので、服装など身なりに関しては大きな制約はありません(指定の上靴・ジャージはあります)。
 毎年、秋口に説明会を実施しておりますので、ぜひご参加いただき、直接本校職員から詳しい話を聞いてください。それ以外の機会でも電話等で対応しますので、お気軽に問い合わせてください。